借入れと返済のバランス

カードローンで借りた後は多額の返済を想像している人もいますが、実際のカードローンの返済はそれ程多額ではありません。

 

例えばプロミスで5万円借りた時の、毎月の約定返済額は2,000円です。プロミスでは、借入残高に応じて返済額が決まります。借入残高30万円以下の場合、残高の3.61%(1,000円未満は切り上げ)だけ返済すればいいのです。30万円超100万円以下なら残高の2.53%、100万円超なら残高の1.99%となります。

 

消費者金融で借りた時の毎月の返済額は、少な目に設定されています。これは、無理なく返済していけるという見方をすればメリットになりますが、消費者金融でお金を借りる時の注意点でもあります。

 

毎月の返済額が少ない場合、利息の支払いが多くなってしまいます。例えばプロミスで5万円借りた時、1カ月でかかる利息は730円位です。2,000円返済しても、その内730円は利息分なので、元金は1270円しか減りません。

 

プロミスなどの消費者金融では、毎月決まった返済額とは別に、自由に随時返済が可能です。5万円借りたとして、2,000円ではなく1万円返してもいいですし、一括で返済もできます。

 

カードローンは手軽に借入れができるのに対して、決まった額だけの返済では中々元金が減りません。元金が増えると返済額も増えるので、残高には注意しましょう。

 

残高を効率的に減らすならやはり金利が低いところからの借り入れが求められるため、ネット銀行の低金利カードローンとなるソニー銀行カードローンの審査通過に期待をして申し込みを進めると良いです。